「不動産」の検索結果 14件

1/2ページ

不動産売却で登場する主な税金を知ろう

まず、税金がかかるのは、不動産を売却して利益が出た場合のみです。購入金額より売却金額が下回ってしまったように、利益どころか売ったおかげで損をしたしまった不動産取引には課税されません。 ただし、不動産売却の税金では、「1億円で買ったマンションを6千万で売った。だから、4千万損したから税金は掛からないよね」といったわかりやすいものにはなっていないため、慎重に計算する必要があります。 「100円のお菓子 […]

J-REITとは?不動産投資信託の基礎知識

J-REITって何? 東京オリンピックを目前に控え、不動産投資が盛んに行われています。タワーマンションの建設ラッシュや宿泊施設の増加など、活気あふれる不動産業界。投資信託の一種であるJ-REITも不動産から収益を受け取る新しい投資手法です。 J-REITはアメリカで始まったREIT(Real Estate Investment Trust)の日本版で、不動産投資を通じた投資信託のため、厳密には金融 […]

宅地建物取引士とは?不動産取引に欠かせない国家資格

宅建=宅地建物取引士とは 「宅建」でおなじみの宅地建物取引士は、不動産業界で有利な国家資格です。かつては宅地建物取引主任者と呼ばれていましたが、2014年に改称されました。 学生の就職活動や社会人の転職活動で何か資格を取りたいと考えるとき、必ずおすすめの一つに挙がるほどの人気を誇ります。例年、約20万人も受験しており、国家資格のなかでもトップクラスの受験者数を誇ります。 土地や建物といった不動産を […]

遠隔地の不動産を契約に導くソリューション

遠隔地の不動産を契約に導くソリューション 会社の辞令で急に遠隔地へ赴任しなければならなくなり、スケジュールの期限が迫っているので内見せずに契約を決めたものの、いざ引越してみると築年数と比べても想像以上に古かったり汚れていたり、また図面でみてイメージしていたようなレイアウトではなかったりするとやりきれないものです。 不動産の取引は現地確認が大事です。図面よりも現況優先のため、自分が物件に期待する条件 […]

不動産と相性のいいテクノロジー

不動産と相性のいいテクノロジー 最近、不動産テック、リアルエステートテック、という言葉を聞くようになりました。すでに金融業界では、テクノロジーの力を借りて既存の仕組みを変えていくことを指してFinTech(フィンテック)という造語が使われていますが、同様に不動産の商慣習を変えていこうという取り組みのことを指しています。 不動産テックの場合、例えば次のような領域でテクノロジーの活用が期待されています […]

  • 2018.08.31

不動産投資サイト5選

終わらない不動産価格の上昇を背景に、いま、不動産投資が人気です。 その背景には、将来への不安も隠されています。 年金がもう期待できない上、医療の進歩で100年まで生きることがほぼ確実になっているので、どうしたらこの長い老後を無事に過ごせるのだろうか、という漠然とした不安があるのです。 不動産投資がうまくいけば、将来的にローンなしのマンションが手に入ります。 それはすなわち、家賃収入が入ってくるとい […]

  • 2018.08.31

不動産ニュースサイト5選

不動産にまつわるニュースサイトは数多くあります。 しかしどれも玉石混交で、質の良いニュースサイトもあれば、いまいちずれたサイトもあるのは事実です。 なぜ不動産ニュースサイトは、品質がバラバラなのでしょうか。 それは、どれだけ運営に力が入っているかにもよります。 なぜなら、メディア運営とは、本当にプロが書いているかはわからないからです。 プロが運営!と一見すると専門性をうたっていながらも、実はクラウ […]

  • 2018.08.31

不動産の英語を学びましょうRealEstateの由来とは?

いまどきの不動産とは? 不動産は、世界中で取引されています。 日本でも、墾田永年私財法が発布された頃から、私的財産としての土地が重視されてきました。つまり、狭い日本において、土地はなによりの財産なのです。 日本では1980年台にバブルが起きました。 土地の値段は永遠に上がり続け、そして株価も同時にあがりました。 土地は高い値段で買っても転売すれば儲かる時代で、同時に株価も、上がりすぎて損なことはな […]

  • 2018.08.31

不動産鑑定士とは?難易度の高い国家資格をわかりやすく解説!

不動産鑑定士とは? 不動産鑑定士とはなんでしょうか?説明できますか? 不動産鑑定士とは、いわゆる「国家資格」です。つまり民間の企業が勝手に配信している資格ではなく、不動産および建築にまつわる、国が認めた立派な資格です。 不動産鑑定士といいますが、公認会計士や弁護士の司法試験と同じぐらい難易度が高く、難関資格なのでそう簡単にとることはできません。 不動産鑑定士は、不動産の鑑定を独占業務として行うこと […]

  • 2018.08.31

不動産会社5選を紹介。実は12万社以上も存在する

不動産を取り扱う会社は数多くあります。 一時期、リーマンショックで倒産が相次ぎ、激減したものの、その後のフィンテック&不動産テックの盛り上がりで新興企業も増えてきました。 そして、老舗もたくさんあります。 不動産は、墾田永年私財法の時代から、私たちと関わり続けている財産です。 古くはすべて国のものだった時代もありますが、奈良時代以降、私有財産が認められることとなり、土地は個人に紐付くようになったの […]