実店舗よりネット通販の方が価格が安いのはなぜ?

実店舗よりネット通販の方が価格が安いのはなぜ?

ネット通販を利用する理由は様々ですが、ネット通販を利用する魅力の1つに「実店舗よりも安く購入ができること」があります。amazonや楽天など通販サイトをのぞいてみると実店舗よりも安い!と驚いた経験が1度はあるのではないでしょうか。また、「価格.com」というサイトがあるように、欲しい商品の最安値をまずはネットで探すといった行為も当たり前のよう行われています。同じ商品が同額、もしくは、さらに安く、しかも送料無料となれば、実店舗よりもネット通販で購入するほうがお金も時間も節約できますので、忙しい現代人がネット通販を選択するのは当然と言えるでしょう。

ではなぜネット通販では、実店舗より安く売ることができているのでしょうか。

*ネット通販の利用率について
https://webtan.impress.co.jp/n/2018/11/13/31031

実店舗よりネット通販が安い理由

ネット通販で販売される商品が安い理由は、実店舗販売との違いを見ていくことで理解ができます。どのような違いがあるか見て見ましょう。

1. 流通コスト
一般的に、店舗で販売する場合は「メーカー→卸売業者→販売業者→消費者」という経路があり、卸売業者への利益や送料といった流通コストがかかります。一方、ネット通販では、卸売業者を通さず直接消費者への販売が可能でその分のコストを削減できます。

2.固定費
 実店舗販売の場合は、商品を売る店舗が必要です。店舗を借りるのには毎月の家賃固定費がかかり、さらに人が来るような場所ですと費用が上がります。また、営業には電気や電話など光熱費・通信費もかかります。その点、ネット通販では、インターネットがお店の役割になりますので、ホームページの維持費や通信費など固定費はありますが、実店舗に比べ必要最低限の費用で済みます。

3.人件費
実店舗は店舗で販売する人が常時必要なため、売上にかかわらず、販売者のお給料として人件費がかかります。それに対して、ネット通販は対面販売ではありませんので、購入者とのやり取りや発送作業は発生しますが、固定の人件費はかけずお店は店員なしで24時間オープンしている状態です。

4.送料
 実店舗ではお客様に商品を送料無料で発送することはなく、あるとしても有料もしくは一定の金額以上のお客様に限られることが通常です。それに対して、ネット通販では「送料無料」と書かれていたとしても、発送費用がかかっています。ここは実店舗よりも唯一コストがかかる部分ですが、それでも安く販売できる1番の理由は、送料を含めたとしても実店舗に比べてカットされている流通費用や固定費用が大きいので利益が出るから、と言えます。

 また、送料自体も運送会社と直接契約することで、一般にかかる値段よりも安い値段に抑えることが可能です。

ネット通販のメリットデメリットを理解してネット通販を楽しもう

このように店舗に行かなくても安く商品を購入できることが多いインターネット通販ですが、安さを追求しすぎた結果、イメージ違いの商品が届いたりと失敗もあり、時には安物買いの銭失いとなることもありますので、実物を見て購入した方がよい時もあるでしょう。
欲しい商品が決まっている時に、安く購入できるネット通販は、買いに行く時間を省き、自分のことに使う時間を増やせる賢い買い物です。通販で安く買うメリットデメリットを理解しながら、楽しく賢くネット通販をしましょう。

通販カテゴリの最新記事