J-REITとは?不動産投資信託の基礎知識

J-REITとは?不動産投資信託の基礎知識

J-REITって何?

東京オリンピックを目前に控え、不動産投資が盛んに行われています。タワーマンションの建設ラッシュや宿泊施設の増加など、活気あふれる不動産業界。投資信託の一種であるJ-REITも不動産から収益を受け取る新しい投資手法です。

J-REITはアメリカで始まったREIT(Real Estate Investment Trust)の日本版で、不動産投資を通じた投資信託のため、厳密には金融商品に当たります。

・投資対象
不動産=マンション、オフィスビル、ショッピングモールなど複数物件の組み合わせ

・投資資金
市場の投資家

・投資運営者
J-REIT(不動産投資法人)

J-REITのキーワードは「不動産投資法人」

J-REITは、不動産投資のための法人が運営します。株式なら会社が株券を発行しますが、J-REITの場合は投資証券を発行して市場の投資家に売り出し、その資金を不動産投資に利用します。

J-REIT(不動産投資法人)は投資家から集めた資金で不動産市場の有望な物件を組み合わせて投資をし、その収益を投資家に分配します。

なお、J-REITは会社と同じようなスタイルで運営されています。役員会をはじめ一般企業の株主総会の役割を担う投資主総会も開催され、法人としての意思決定や投資家の意向を反映しながら不動産投資を運営していくのです。

J-REITのメリット

不動産投資は高額な資金を必要とします。タワーマンションや一等地の商業ビルを購入するには億単位の資金が必要です。

一方、投資信託と同じ形態のJ-REITなら、一般の投資家でも少ない資金で不動産投資をスタートできます。購入した不動産の管理も不要。さらに、いつでも証券市場で売却できるため、手持ちの資産をいずれ自由に処分できるようにしておきたい場合にピッタリです。

J-REITのデメリット

投資信託での投資対象が不動産になったJ-REITは、さまざまな物件に分散投資しているので、リスクを抑えた投資ができます。

ただし、購入したJ-REITそのものが経営不振や倒産によって上場廃止となる場合や、不動産を取り巻く環境の急変で投資証券の価値が下落したり、分配金がもらえなかったりといった可能性も含んでいます。

株式投資や不動産投資に比べるとJ-REITのリスクはそれほど高くはありませんが、投資信託で予想される程度のリスクヘッジは念頭に置きながら運用していくことが大切でしょう。

東証REIT指数とは

市場のJ-REITの動向を見極めるために役立つ指標の一つに東証REIT指数があります。

東証REIT指数とは、東京証券取引所に上場している全銘柄のJ-REITから計算したインデックスで、株式投資の東証株価指数に当たります。東京証券取引所がJ-REITの現況を測る指標として発表しているものです。

初心者なら東証REIT指数に連動した投資信託がおすすめ

J-REITには投資信託の不動産版ともいえるREITファンドへの投資が一般的です。

ただ「初心者でどのREITファンドを購入していいかわからない」「できだけリスク分散をしたい」といった場合には、東証REIT指数と連動する上場投資信託(ETF)が向いています。

REIT ETFなら東証市場のJ-REIT全銘柄から算出された指数の値動きで取引できることが大きなポイントです。また、取引手数料が安いこと、売買したいタイミングでリアルタイムに取引ができることといったメリットもあって、J-REITの第一歩にふさわしい投資商品といえるでしょう。

不動産カテゴリの最新記事