宅地建物取引士とは?不動産取引に欠かせない国家資格

宅地建物取引士とは?不動産取引に欠かせない国家資格

宅建=宅地建物取引士とは

「宅建」でおなじみの宅地建物取引士は、不動産業界で有利な国家資格です。かつては宅地建物取引主任者と呼ばれていましたが、2014年に改称されました。

学生の就職活動や社会人の転職活動で何か資格を取りたいと考えるとき、必ずおすすめの一つに挙がるほどの人気を誇ります。例年、約20万人も受験しており、国家資格のなかでもトップクラスの受験者数を誇ります。

土地や建物といった不動産を取引する際、不動産会社に仲介してもらって取引を行うのが一般的です。非常に高額な物件を扱う不動産取引では、不動産業界ならではの商取引や法律知識、経験が求められます。

そこで、国家資格である宅地建物取引士だけが可能な専任業務を定めています。

具体的には、

・不動産取引の契約を締結する際の重要事項が書かれた書面を確認・説明すること
・重要事項の確認と説明を行った宅地建物取引士が重要事項説明書に記名・押印すること
・重要事項証明書に基づいて作成した契約書に記名・押印すること

といった3つの仕事があります。

宅地建物取引士のメリットや活躍できる業種

宅地建物取引士の資格を持っていると、就職・転職はもちろん、勤め先によっては資格手当が付くこともあります。また、資格を持っている人しかできない専任業務のある仕事のため、将来的に独立開業するとき有利です。

宅建を持っていると次のような業界や業種で歓迎されます。

・不動産会社
土地や建物を取引する不動産業者には必ず宅地建物取引士の資格を持った従業員が必要です。配置基準は従業員5名当たり1名以上なので、規模の大きな業者になるほど資格保有者のニーズが高まります。

・金融機関
融資審査のとき、担保となる不動産の資産価値を評価して融資額を決定する際に役立ちます。厳密には、融資審査に宅建は必要ありませんが、資格で学んだ専門的知識によって正確な担保評価が可能です。

・不動産管理会社
分譲マンションや分譲住宅を開発して販売するデベロッパーのグループ会社に不動産管理会社があって、物件管理も行うケースが増えています。宅建の資格は不動産管理に必要な内容を多く含んでおりおすすめです。また、類似資格である管理業務主任者の資格も取りやすくなります。

宅建の資格がおすすめの人

「マンションや一戸建てを見るのが好き」
「更地を見るとついつい立ち止まってしまう」

とにかく不動産について学んだり調べたりするのが好きな人は宅建がピッタリです。好きな不動産の知識を国家資格で裏打ちすれば、就職や転職も有利になりますし、社内の評価も高まります。

不動産会社で働く場合は、お客様とのコミュニケーションが重要になるため、接客や営業が好きな人が向いています。また、不動産取引の場で重要事項をかみ砕いてお客様に説明しなければならないので、相手の立場になって話せるトーク力も必要です。

このほか、将来的に不動産業界で独立したいと考えている人、勤務先の会社で不動産分野の事業があって宅建の資格を役立てたい人など、不動産にまつわるさまざまなシーンで宅建は非常に強みを発揮するでしょう。

宅建の試験概要

宅地建物取引士の試験は毎年10月第3日曜日に行われています。7月の約1ヶ月間が申込期間のため、受験を検討している場合は早めに願書を取り寄せて手続きを済ませるようにしてください。

なお、合格発表は例年12月で、合格率はここ10年ほど15%〜17%の間を推移しています。

不動産カテゴリの最新記事