通信販売業界、試着の悩みを返品可能で克服!

通信販売業界、試着の悩みを返品可能で克服!

通信販売業界の伸びが運送業界を逼迫する

運転手不足が社会問題化したくらい運送業界は忙しく、これは通信販売業界が急激に活発化したことが要因だと推測されています。以前から通販業界はテレビやカタログなどで一定の売上げがありましたが、スマートフォンの普及により更に活発化、売上げを更に伸ばしています。

通販業界の問題であった試着がもう不要に

通販業界はあらゆる商品を取り扱っていて、以前は家電製品が多かったようですが現在は身に付けるものなども多くなってきました。家電製品には自分に合ったサイズという概念はありませんが、服や靴、アクセサリーなど身に付けるものは買ったけどいまいちサイズがフィットしないという可能性があります。

サイズ違いは返品可能で対応

カタログ通販業界はこのあたりの対応が充実していて、もしサイズが合わなかった場合は返品可能ということを予め謳っています。返品にかかる送料は消費者負担の場合も多いのですが、それでもいちいち準備してショッピング街に行き、試着を何回もして時間を消費するよりはいいという考えが多くの利用者にあり、カタログ通販業界は拡大して来た経緯があります。これが10~15年前の2000年代のことだったと思います。

まとめ

近年ではインターネットの発達で、サイズは元より、カラーなども自分にフィットするかどうか、購入する前からある程度判断できるシステムが構築されています。これによって返品されることが激減、今後は3D技術・AI技術などの発達により、更に通販利用者にジャストフィットする商品が提供されることだろうと考えます。既に男性・女性のスーツなどは、生地の拡大写真の提供、あらゆる体形に合うサイズの準備、襟元袖口ボタン等の処理など、細かい仕様決定がネット上でできるようになっています。

通販カテゴリの最新記事