不動産投資サイト5選

不動産投資サイト5選

終わらない不動産価格の上昇を背景に、いま、不動産投資が人気です。
その背景には、将来への不安も隠されています。
年金がもう期待できない上、医療の進歩で100年まで生きることがほぼ確実になっているので、どうしたらこの長い老後を無事に過ごせるのだろうか、という漠然とした不安があるのです。

不動産投資がうまくいけば、将来的にローンなしのマンションが手に入ります。
それはすなわち、家賃収入が入ってくるということで、のんびりしていてもマンションの管理をしているだけで、不動産が手に入るということなのです。
これなら、老後になってもあくせく働く必要はなく、「大家さん」でいられますので、老後の資金面を確保することができるのです。
高いお金を払って、不動産投資をする人たちは「老後の安心」を買っているのです。
では、そんな不動産投資のおすすめニュースサイト5選をみていきましょう。

楽待なら、不動産投資の失敗コラムもすべて読める

楽待(らくまち)というサイトは、不動産投資の総合サイトです。
比較的老舗で、不動産投資家なら、ある程度のエッジがたった実績を持っていると、連載を持つことも不可能ではありません。
楽待は不動産投資に関するあらゆることが掲載されています。
成功談から失敗談まで・・・中には、サラリーマン大家からスタートして年収1000に到達し、会社員を辞めた人も。
そんなふうな、成功談だけでなく、無理矢理に投資して拡大路線を貫いた結果、破産に追い込まれてしまったという失敗談も掲載されています。
こうした楽待のオリジナリティあふれるコンテンツはGoogleにも評価され、不動産投資関連で検索すると、楽待が多く上がってきます。
バラエティ豊かなコンテンツが多く掲載されているので、ちょっとだけ不動産投資に関心がある人でも楽しく閲覧することができます。

健美家なら、プロフェッショナルのコラムが読める

健美家(けんびや)なら、数多くの収益物件情報と同時に、プロフェッショナルん不動産投資家によるコラムが読めます。
不動産の達人コラムなので、読んでいて非常に興味深く、また楽待とは違った趣があります。
健美家さんの不動産コラムは非常に人気で、中にはシリーズ150回を超えているケースもあります。
不動産投資コラム、不動産投資ニュース、不動産投資ブログとカテゴリがわかれており、アクティブにどれも更新されているので、読み応えもたっぷりです。

アットホーム投資は、慎重に物事を進める人に

不動産投資といっても、大金をはたくわけですから慎重にならざるを得ず、いくらミドルリスクの投資といえど、お金を預ける以上は、慎重になって当然です。
そこで、アットホーム投資では、はじめての不動産投資、と題して、なぜ投資が必要なのか、そして投資のイロハ、投資計画、物件選び、アパートローンの概要、ローンの大きさなどをコラムにして配信しています。
これなら、初心者が網羅的に不動産投資を学習することができますし、そこで、自分が今ここで攻めるべきなのか守るべきなのかという情勢もわかります。
税金の種類にいたるまで、細やかな情報が網羅されていますので、初心者から中級者向けといえるでしょう。

不動産賃貸経営博士は、専門性の高いコラムが売り

不動産賃貸経営博士というWebサイトもあります。
これは不動産鑑定士や税理士といった、不動産投資にまつわるプロ中のプロが登場し、やさしくわかりやすく、不動産投資のコツをさまざまな角度から教えてくれるものです。
不動産賃貸経営博士なら、たとえばリフォームに関して、リフォームにかかる税金はどのような種類があり、そして1年目から全額経費に算出できるのかといった、かゆいところに手が届くコラムが掲載されています。
もちろんそれだけではなく、セミリタイアを目指すコラム等もあり、あこがれの大家生活に一歩近づきます。非常に興味深いサイトです。

不動産投資のプロ・ノムコムなら、野村不動産運営

あの不動産関連最大手の野村不動産も、不動産投資のオウンドメディアに進出しています。不動産投資の最新の動向が、コンサルティング部門のトップによって解説してくれて、同時に収益物件の選び方や、不動産税務専門の税理士がノウハウを提供してくれています。

どれもクオリティが高いコラムをプロが顔出しで責任を持って解説してくれていますので、さまざまな角度から、不動産投資の専門家の情報を学ぶことができます。

今回見てきたサイト5つは、どれも非常にクオリティが高く、専門性も同時に高いのです。素人がちゃちゃっと書いてるわけではないので、Googleの評価も上々です。よって、不動産投資をするのであれば、まずこの5つを徹底的にチェックして、情報を網羅しましょう!これらを読めば、ある程度の知識がみにつき、騙されることや損をすることが極めて確率的に低くなるので、非常におすすめなのです。

不動産カテゴリの最新記事