不動産関係の国家資格の種類はたくさんある

不動産関係の国家資格の種類はたくさんある

不動産に関する国家資格は、多くの人が知っているものから、あまりよく知られていないものまでたくさんあります。
例えば、家を建てるために土地を購入する場合は不動産業者に物件探しを依頼するのが一般的ですが、その際には取引の専門家である宅地建物取引士や、調査や登記の専門家である土地家屋調査士が関わっており、実際に家を建てる際には設計と工事監理の専門家である建築士に設計等を依頼します。亡くなった人が生前住んでいた家を子供が相続をする場合は、相続税評価額の算定を不動産鑑定士に依頼することがあります。また、不動産とは直接関係ありませんが、取引では登記を伴うことになることから、登記手続きの専門家である司法書士も不動産関係の国家資格に含めて考えることがあります。
一方、マンションの管理組合の役員は、組織の運営については大抵素人同然であるため、専門家であるマンション管理士にアドバイスを受けながら運営をすすめていくことが多いです。そのマンション管理士の事務所には必ず、委託契約を行うにあたって重要事項や管理事務などの説明をする管理業務主任者の配置が義務付けられています。
ここまで挙げた国家資格はすべて試験に合格しなければ取得することはできず、合格するためにはきちんとした試験対策が必要です。

不動産カテゴリの最新記事